経営会議支援

 

  • 同族企業で、会議を開けていない
  • 会議らしい会議になっていない
  • 社長の一人舞台になって進められる傾向が強い→建設的な本音の意見が出ない
  • 貴重な意見、異なる意見が出ても、感情が先立ってじっくり協議できない
  • 大事なことを協議する場になっていない
  • みんなが納得いく会議にならない

 

そこへ第3者が同席し、出席者から意見を引き出していきます。みんな意見を持っています。

だから、びっくりするほど建設的な意見が出ます。

そんな活気ある会議にするために、当社の担当者(コーチ)が、経営会議に出席して、座長的役割等を務めます。建設的な意見を引き出し、結論を出す会議にします。最後は、会社の方針として社長が決定します。

役員陣の心が揃うと、従業員のモチベーションが高まります。それが業績の向上につながっていきます。

 

○当社の役割 ― 座長的役割、コーチとしての役割、外部取締役的役割

○会議の内容

定例経営会議(2時間)

・前月末までの利益、資金の実績確認

・改善すべき課題・問題点の確認とその改善に取り組む

・経営上の長期的、短期的重要課題・問題点を協議して改善に取り組む

・協議内容の実施状況確認→実践までモニタリング

         

Copyright© Coach Kidou All Rights Reserved.

〒890-0052 鹿児島県鹿児島市上之園町25-36光健ボイスビル703号 電話:099-251-3330(代表) FAX:099-299-2701